logo株式会社 飯井建築設計事務所

人と自然を大切にしたイマジネイティブな空間作り

住宅作品             土間のあるパッシブなすまい 

小相木の家


OMソーラーをつかった省エネ住宅です開口部から直接日差しを採りいれて冬場を暖かく過ごす事ができます。

 

     DETA  群馬県前橋市小相木町
         2011年2月竣工
         木造二階建て
         敷地51坪
         延べ床36坪
         施工 田村建設(株)

 

吹き抜けのリビング


 「パッシブ」とは「積極的な働きかけ」を意味し、ここでは自然のエネルギーをうまく生活に取入れる事を意味しています。
 建物のデザインそのものに陽の光、風の通り道などをうまく取入れるようにすることで「パッシブなすまい」を実現しています。

 

左写真:木をふんだんに使い、自然を感じるリビングルームです。奥に見えるのが玄関土間で引き戸で閉めきる事もできます。季節の良いときには全てを開け放ち、南北はもちろんのこと、東西にも風がぬけていくプランとなっています。

リビングより東西をみる

 

ダイニング

  キッチンと水回りは建物の北側に
  位置しています。
  下の写真のダクトがOMソーラーの
  設備です。

 

土間

 

土間は南側が玄関、北側が勝手口になっています。アンティーク調の引き戸がなつかしいデザインです。

二階和室

 

丸い小窓を設けてモダンな和室をデザインしました。